Neo Spondylo Therapy

揉み返しを起こさない「強押し」を極限にまで特化した指圧技術 - NST Method -

NST Methodとは

長期化・悪化した慢性痛を劇的に回復させるため拇指だけでなく拳(こぶし)や「大型ツボ押し棒」を使い指圧の強押しを極限まで特化させた施術法。

NST Methodの特徴

メリット(主作用)

即効性 
強い力で深部を一気に刺激するため施術開始から10分前後で急速に痛みが消失し初期の慢性痛ならその場でほぼ完治する。

持続性
強い刺激で増幅された自己回復力によって施術の翌々日あたりから慢性的愁訴(肩こり、腰痛など)の緩和が始まり、日を追うごとに体感される軽快感と爽快感で慢性痛解消の現実性を実感 できる。

加算性
増幅された自己回復力が維持されるため、施術する度に症状が軽減して行き最終的には消失する。(効果の加算性)

揉み返しを起こさない指圧法

デメリット(副作用)

皮膚損傷
深部を強く刺激する必要性から皮膚を犠牲にせざるを得ず画像のような状態になる。

以下は皮膚損傷の軽減措置としてサージカルテープとコットンバンテージを貼って保護した場合の施術痕。

これにより格段に損傷が軽減されるためデメリットを最小限に抑えることができる。

施術で痛みが治る理由

各種の手技療法(指圧、マッサージ、整体、カイロ)が存続している理由は慢性痛の回復などに効果があるからなのだがそれぞれの施術方法は違っているにも関わらずどうして同様に痛み の軽減や寛解が起きるのか。

その理由は
人体を外部から刺激する侵襲(しんしゅう)によって肩凝りや腰痛を始めとする様々な慢性痛が治るようになっているか らと考えられる。

そのため経験や実績がない素人の見よう見真似で行われる施術のデタラメな刺激でも慢性腰痛の軽減などの効果が出ることもあるが飽くまでも侵襲性による作用である。

侵襲とは

1.侵入し襲撃すること。
2. 体の恒常性を乱す可能性がある 外部からの刺激。

人体に悪影響を及ぼすもの、ストレスの大きいものを「侵襲性が高い」と表現し「痛手を負う」事にはなるが医療(治療)に因るものであれば止むを得ないとされる。(手術、薬物など)

手技療法の行為そのもの

肉体の恒常性を乱す外部からの刺激 (侵襲性) とは正に手技療法に於ける施術行為の特性そのものであり、

仮説として手技療法の外的刺激によって筋肉中に生じるサイトカインなどの物質が増殖したり、ポリモーダル受容器という感覚器が刺激されて生理反応が誘発される結果、化学反応が起き て乱された恒常性が修復される過程で痛みが治るとすれば、

症状を悪化させない。
新たな損傷(揉み返しなど)をさせない。
という条件下で刺激が強ければ強い程大きな効果を得られるという事になる。

NST Method は以上の観点から「安全性を確保」した上で拇指による強い押圧を更に強い拳の押圧から 最大級に強い「ツボ押し棒」の押圧にまで特化させたもので他に例のない特殊な施術法と言える。

profile
平井浩二
1955年:山梨県生まれ
1979年:あマ指師取得
1982年:開業現在に至る

NST Methodのまとめ

NST Methodが「高侵襲の施術」とは言うものの所詮は人の手による手技に過ぎず、医療と比較すれば僅かな侵襲でしかない手技療法の中での「高侵襲」なのだから人体への悪影響といっても高が知れている。

一般に施術が強過ぎる(高侵襲?)と揉み返しが起きると言われているがそれは単なる施術の失敗だから施術師が未熟でない限り手技療法の「高侵襲」には利点はあっても問題は何もない。

高侵襲施術であるNST Methodの最大の利点は短期間で多大な効果を得られ、施術回数や費用を大幅に減らす事ができる所にあるが欠点として稀に皮膚の損傷を伴うことがある。

NST Method FAQ

「治らない」場合は懇願すべき?

A

慢性痛が「どこに行っても治らない」と言う話をよく聞くがそれは治療師や整体師の技量不足や未熟のせいではない。

雇われ稼業ならいざ知らず曲りなりにも独立開業までしようとする治療師、整体師は医学知識は言うに及ばず厳しい修行や訓練を経て開業しているのだから腰痛や肩こりぐらいは簡単に治せるに決まっている。

しかし今や業界は史上最大の過当競争にあり、生き残りを賭けた熾烈な争いをせざるを得なくなっている為「治してしまわずに通わせる」経営方針が業界の暗黙の了解として存在し共存が図られている。

だからどこの院にでも何度か通って少し親しくなった段階で誠心誠意の懇願をすれば、元々「世の為他人の為」という高邁な動機で業界に身を投じた治療師、整体師なのだから窮鳥懐に入れば猟師もこれを殺さずの 心意気で造作もなく治してくれる筈・・・ ですよね?

「合わなかった」とは?

A

この業界では施術の結果が思わしくなかった場合には「出来なかった」とは言わずに必ず「合わなかった」と説明される。

しかし完璧な人間はいないし、完全や絶対なども存在しないのだから稀に「出来ない」場合があったとしてもそれは施術師の責任や恥ではない。

それにも関わらず施術師の行為(施術)には落ち度や技術不足はなく飽くまでも「合わなかった」なのか?

「合わなかった」を使う理由には人間には抗うことの出来ない不可抗力によって不運な結果に終わってしまった自然災害のような「仕方がない」感の共有に同意を求め、責任を曖昧にしてしまいたい心理がある。

「出来なかった」事例はどんなプロでもあって一年に一度あるかどうか程度だろうに、それさえ認めたくない業界人は余程の完璧主義者揃いなのだろう。

逆に「出来ない」事が多過ぎて「出来ない」なんて言いだしたらキリがない?・・なんて事は・・まさかねぇ。(^o^)

「ズレ・歪み」は無視で構わない?

A

NST Methodでは所謂ズレや歪みは考慮しないし骨盤の矯正なども行わないにも関わらず、施術後に画像のような変化が起きる。

更に効果の加算性がある為数回の施術で安定し、歪みの状態に戻ってしまう事はないが、ズレや歪みを矯正する方法と違いその場で完全に歪みのない状態にできないところに欠点がある。

ズレや歪みは生活習慣から起きると言われ何度も矯正したり生活習慣を変えたりしなければならないらしく厄介な癖だが慢性痛の原因ではない為無視で構わないし関心を持つ必要もない。

NSTで頚椎ヘルニアは治るのか?

A

現在までに20例ほどながらNST Methodによって頚椎ヘルニアは100%の確率で治まっている。

頚椎ヘルニアの主な症状は腕や手の痺れ・痛み、筋力低下などで神経ブロックやトリガーポイント注射などが行われるが殆どの場合、経過は芳しくない。

ヘルニア自体は老化現象で自然消滅することも多いと言われるが頚椎周辺の筋肉が凝り過ぎて感覚麻痺が起きると症状が悪化する。

特にC7と肩甲骨上角の間を強く刺激する事で凝りが一気に取れて頚椎ヘルニアの症状は劇的に消失する。

ACCESS MAP