英国王立協会等、安全で適切に規制されたナノテクノロジー開発を勧告

農業情報研究所(WAPIC)

04.7.31

 インディペンデント紙が既に報じていたように(*)、英国王立協会(ロイヤル・ソサイエティー)と王立工学アカデミーが29日、ナノテクノロジーは大きな利益をもたらすかもしれないが、責任ある開発が必要という報告書(**)を出した。報告書は、ナノテクノロジーは多くの潜在的利益を提供するが、その開発は、人々と環境へのあり得るリスクを最小限にするために、適切な安全性評価と規制に導かれねばならないと言う。

 この報告は、ナノテクノロジーの現在と将来の開発を考えるために、政府が昨年委嘱したものである。それは、一層強力なコンピュータや革命的医療技術など、ナノサイエンスとナノテクノロジーから得られる広範な潜在利益を認めた上で、あり得る将来の不確実性やリスクを最小限にしながらこれを実現する手段を勧告している。

 ナノサイエンスとナノテクノロジーは、1oの100万分の1のサイズの極端に微小な物質の研究と利用に関係し、またこのようなサイズでは、ある物質はより大きなサイズの場合とは異なる性質を持つという事実を利用する。報告によれば、こうした特質は、現在、移動電話やDVDプレーヤーなど、コンピュータ・チップや電子製品の開発に利用されている。将来は、安価で効率的な水質浄化方法、太陽エネルギー生産、汚染土壌の新たな浄化法の開発などが期待できる。また、身体の特定部分を標的とする薬剤、聴覚や視覚を減損した人々のための人工移植、安全確保・健康診断のために利用でき、さらに食品鮮度まで測れる微小なセンサーなども提供するかもしれないという。

 報告は、大部分のナノテクノロジーは新たなリスクを生むものではないと結論するが、製造されるナノ粒子・ナノチューブ・物質の超微細な破片が放出されるときに生じ得る人間の健康と環境への影響をめぐる不確実性を強調している。

 自然起原の、また燃焼や車の排気ガスからくるナノ粒子は、既に大気中に大量に存在する。また、日焼け止めクリームの紫外線フィルター、自浄窓、ジーゼル燃料添加物などに人工ナノ粒子も使われている。報告は、このような粒子の人間と環境への影響を解明する研究計画に政府が資金を供給すべきだと勧告する。

 規制に関しても、ナノ粒子・チューブは新たな化学的特性を持つから、適切な安全試験と明確な表示のきっかけとなるように、英国とEUの立法の下で新たな化学物質として扱われるべきだと勧告している。さらに、化粧品のような消費財への使用を許可する前には、日焼け止めクリームへの二酸化チタニウム・ナノ粒子使用について行われたように、より大きなサイズの化学物質とは別に、独立科学安全委員会の承認を受けるべきだと言う。また、産業がナノ粒子の新たな特性が考慮されたことを示す安全試験の詳細を公表することも求めている。

 ナノ粒子の生産の禁止を正当化する理由は見つからないが、予防措置として、影響がはっきりするまでは環境への放出は最小限にすべきとも勧告している。保健・安全当局は、既に労働現場でのナノ粒子に関する暫定ガイダンスを出しているが、これについても、例えば大学の実験室における労働者の適切な保護のために、既存の規制を見直し、製造されるナノ粒子へのより低い被爆レベルを設定すべきだと言う。

 遺伝子組み換え(GM)問題で余程懲りたのだろう。最後に、政府は、この技術をめぐる世論が決定的に分裂する前に、十分な政府資金による国民対話を組織すべきだと勧告している。報告作成作業グループの議長を勤めたアン・ダウリング教授は、「ナノテクノロジーは、明らかに社会全体に利益をもたらすことができるエキサイティングな可能性を提供する。我々の報告は、誇大宣伝や仮説を現実と分けており、今やナノテクノロジーが安全で社会的に受け入れられる方法で発展することを保証するための不確実な分野の研究と適切な規制を必要としている」と語る。

 ところで、わが国でもナノテクノロジーの開発と実用化が猛烈な勢いで進んでいる。そのための政府予算も1,000億円を超えるところまできている。にもかかわらず、リスク評価や規制に向けた動きは皆無といってよい。こんな化粧品広告を見ると、将来どんなことになるかと恐ろしくなる。

 *英国科学・工学アカデミー、ナノテクノロジーに警告 GM技術の教訓に学べ,04.7・26
 **
Nanoscience and nanotechnologies:opportunities and uncertainties

 関連ニュース
 Nanotechnology poses threat to health,say scientists,The Guardian,7.30
 Nanotechnology Precaution Is Urged,The Washington Post,7.30