農業情報研究所環境原子力東電福島第一原発事故関係2011年3月24日

本当に知りたいこと いつになったら放射性物質拡散が止まるのか

 管首相が、直ちに健康影響があるわけではないと言いながら、農畜産物の出荷・摂取制限指示を繰り出している。生産者はどうして出荷したらいけないのか、消費者は、「現時点で一時的に食用に供されたとしても健康に害を与えるものではない」(枝野官房長官)ものを、今、どうして食べてはいけないのか、戸惑うばかりだ。「現時点で一時的に食用に供されたとしても健康に害を与えるものではない」から、現時点では出荷しても構わないし、食べても構わないとどうして言わないのだろうか。これでは、首相自身が「風評被害」の元凶と言われても仕方がない。

 ただ、消費者も、生産者も、放射性物質の放出が止まらないかぎり、いずれ、出荷や消費ができないどころか、住むこともできないときが来ることは、はっきり分かっている。本当に恐れ、知りたがっているのは、放射性物質の拡散がどうしたら、またいつになったら止まるのか、あるいは止められないのか、もっと大量の放出もあるのか、ということだ。原発の電源復旧で事故収束に向けてのかすかな希望も出てきたという見方もあるが、前途には今まで以上の難関があるとする原発エンジニアもいる。福島原発設置にかかわったGEのエンジニアは、今までの大量の海水注入で燃料棒にこびりついた塩が冷却を妨げ、最悪の場合、ウランが溶けて巨大な量の放射性物質を放出するかもしれないとさえ言う。

 New Problems at Japanese Plant Subdue Optimism,NY,3.24
 http://www.nytimes.com/2011/03/24/world/asia/24nuclear.html?ref=world

 テレビに出てくる専門家、本当のところを教えて欲しい。これが、私を含めた国民すべての願いではなかろうか。直ちに健康被害が出るわけではないという説明は聞き飽きた。これだけ覚えておけば大臣も努まると言った元法務大臣を思い出す。