農業情報研究所(WAPIC)環境原子力東電福島第一原発事故関係原発事故関係内外報道集2017

農林水産・飲食品(最終更新:17.5.27)農林産業 農林産飲食品 水産業と水産食品 森林・草地・湿地 食品販売

New  

県産品「不安ない」「不安薄らぐ」9割 JA福島中央会 首都圏調査 福島民報 17.5.27


農林産業top    

原木シイタケ、生産休止者に意向調査へ 栃木県 支援策周知し再開後押し 下野新聞 17.5.25

耕作放棄地で木綿栽培 相馬のNPOなど 供給基地化目指す 福島民報 17.5.22

飼料生産本格化へ 川俣・山木屋地区の農地活用 福島民報 17.5.3

「田を原状に戻せ」却下 大玉村米農家らの怒り 坂本充孝のふくしま便り 東京新聞 17.4.25 朝刊 4面

県、販路拡大支援へ 避難区域12市町村生産の農産物 福島民報 17.4.17

菜の花で農業再生へ 郡山北RCと福島大、南相馬に搾油所整備 福島民友 17.4.3

今夏、南相馬に搾油所 福島大が被災地営農支援 福島民報 17.4.3

牛の鳴き声に『復活』を期す 葛尾村の農家、6年ぶり畜産再開 福島民友 17.3.27

営農再開に二の足 見えない安定収入 復興を問う-震災6年の現実 福島民報 17.3.16

野菜の出荷制限解除 帰還困難区域除く富岡、大熊、浪江、飯舘 福島民報 17.3.15

原木栽培乾燥シイタケ出荷自粛 県、解除条件を正式発表(群馬) 東京新聞 17.3.14

【福島原発事故から6年】風評超え産地形成を(小山良太) 農業協同組合新聞 17.3.10

茨城・シイタケ農家:生産再開見通せず 出荷制限影響今も 毎日新聞 17.3.9

キノコ原木生産、復活へ動き=県、洗浄機無償貸与で支援-福島 時事 17.3.8

【農の挑戦】福島大教授・小山良太さん 産地戦略、本県の急務 福島民友 17.3.4

7営農組織が法人 「紅梅夢ファーム」発足 小高・集落の枠超え農業振興 福島民報 17.2.26

命の原乳、出荷 避難指示区域で初の再開 毎日新聞 17.2.5

<原発避難>和牛の村復興へ牧舎新設計画 河北新報 17.2.3

福島県産モモ、輸出量『全国一』 東南アジア販路開拓で震災前超 福島民友 17.2.1

<避難解除>楢葉で唯一酪農再開 原乳を出荷 河北新報 17.1.25

<あんぽ柿>出荷量 原発事故前の8割回復 河北新報 17.1.11

原乳出荷再開へ 楢葉の蛭田博章さん なりわい取り戻す 福島民報 17.1.5

避難区域などで「復興牧場」 福島県酪農協、小高や山木屋検討 福島民友 17.1.5

農林産飲食品top 

御代田のタラノメ 基準下回るセシウム検出 信濃毎日新聞 17.5.25

山の恵みは今 帰還2割の楢葉町で山菜セシウム調査(こちら原発取材班) 東京新聞 17.5.24

中野のコシアブラ 基準上回るセシウム検出 信濃毎日新聞 17.5.20

長野のコシアブラ 基準上回るセシウム検出 信濃毎日新聞 17.5.19

軽井沢のコシアブラ 基準上回るセシウム検出 信濃毎日新聞 17.5.18

野生キノコで初 西会津と美里出荷制限2品解除 福島民報 17.4.25

野生キノコ、出荷制限一部解除 福島県初 河北新報 17.4.25

福島の給食に地元食材復活 県「風評の払拭進みつつある」 東京新聞 17.4.20 夕刊

放射性セシウム 3年連続不検出 毎日新聞 17.4.18

野菜・果実、海産物下回る 放射性物質基準値 福島民報 17.4.6

野菜の出荷制限解除 帰還困難区域除く富岡、大熊、浪江、飯舘 福島民報 17.3.15

福島 後始末なしに復興ない「異常」が「日常」の怖さ…(特報) 東京新聞 17.3.11 朝刊

 農林水産省が2015年度に検査した農産物など約26万品目のうち、放射性セシウムの基準値を超えたのは264品目だった。わずか0.1%。一方、昨夏の調査で回答した福島県民約1400人のうち38%が食品に放射性物質が含まれないか、「時々」もしくは「いつも」気にしており、73%が県産米の全量検査の継続を望む。原発事故が起きて6年。放射能を気にしながら生活する、この「異常」な日々はいつになったら終わるのか-。

記者の目:農産物 セシウム検査縮小案=小島正美(生活報道部) 毎日新聞 17.2.28

中野のイノシシ 基準下回るセシウム検出 信濃毎日新聞 17.2.17

原木乾燥シイタケ出荷 県、自粛要請解除へ(群馬) 東京新聞 17.2.2

須坂のニホンジカ 基準下回るセシウム検出 信濃毎日新聞 17.1.7

水産業と水産食品top 

アワビ・ウニ漁開始 「ともに品質良い」、福島・いわきで試験操業 福島民友 17.5.2

宮城産ホヤ 処分に向け苦渋の水揚げ 河北新報 17.4.18

アサリ400キロ初水揚げ 相馬の松川浦、2年目の試験操業 福島民友 17.4.14

いわき沖・来月の試験操業対象魚 97種から170種に 市漁協と小名浜機船漁協が提... 福島民報 17.4.12

宮城産ホヤ今季も処分方針 東電に補償請求へ 河北新報 17.4.11

メヒカリなど入札再開 小名浜魚市場 福島民報 17.4.4

韓国の禁輸が解けねば、今年もホヤが大量廃棄に 阿部 誠氏[宮城県漁業協同組合理事] 日経ビジネス 17.3.17

海産物の生産自粛 セシウム減で解除 県内ゼロに(茨城) 東京新聞 17.3.16

<原発20km圏漁再開>息子が眠る海へ 再び 河北新報 17.3.14

原発20km圏漁再開>6年ぶり浜に活気 河北新報 17.3.14  

放射性物質の食品検査、ピーク時の2割以下 栃木県・17市町で1814件 下野新聞 17.3.11

福島から「風評被害」検索なくならず 募る被災地の不安 朝日新聞 17.3.10

どうなるトリチウム処分 国の判断、説明注視 福島民報 17.3.6

魚介類出荷制限 水産庁「要件見直しも」 福島民報 17.3.5

原発20キロ圏 コウナゴ漁の操業決定 河北新報 17.3.1

3月にも操業海域拡大=自粛は原発10キロ圏内に-福島県漁連 時事 17.2.28

漁業自粛海域、縮小を提案=福島第1原発10キロ圏内に-県漁連 時事 17.2.21

相双漁協・試験操業、3月中旬から原発10~20キロ圏まで拡大 福島民友 17.2.18

競り3月再開 相双漁協、4月から全魚種 福島民報 17.2.17

試験操業3種追加 県漁連 福島民報 17.1.31

県、イカナゴ親魚の出荷自粛を解除 セシウム基準値下回り(茨城新聞) 東京新聞 17.1.31

はえ縄漁試験操業来月開始 相双漁協 福島民報 17.1.24

「イシガレイ」「クロウシノシタ」「クロソイ」出荷制限解除 福島民報 17.1.18

食品販売(風評?対策)top

県産品「不安ない」「不安薄らぐ」9割 JA福島中央会 首都圏調査 福島民報 17.5.27

<風評被害>福島産価格回復へ20品目流通調査 河北新報 17.4.29

<風評被害>福島産価格回復へ20品目流通調査 河北新報 17.4.29

原発事故の風評被害 宮城企業の4割「影響」 河北新報 17.4.12

<震災6年>福島産農産物 根強い風評被害 河北新報 17.3.11

<震災6年>福島産の食料品 風評被害解消を
 河北新報 17.3.11

福島から「風評被害」検索なくならず 募る被災地の不安
 朝日新聞 17.3.10

福島産食品購入「ためらう」最少15%
 河北新報 17.3.9

祖国よ「古里」福島見て…韓国出身女性
 毎日新聞 17.2.27
 
<原発事故>福島のブランド価値回復を
 河北新報 17.2.25