農業情報研究所(WAPIC環境原子力東電福島第一原発事故関係原発事故関係内外報道集2017

健康影響・被ばく(最終更新:17.7.4)

New 

さらなる「ザル化」懸念福島県民健康調査(特報) 東京新聞 17.7.4 朝刊

さらなる「ザル化」懸念福島県民健康調査(特報) 東京新聞 17.7.4 朝刊

甲状腺検査、3巡目で2人がん確定 がんの疑いは2人 福島民友 17.6.6

<原発事故>甲状腺検査の機器そろえ診療所開設 河北新報 17.5.31

専門家会議新設へ 県民甲状腺検査 福島民報 17.5.31

福島の子どもたちの被ばく防ぐ 放射線測定の取り組み報告(神奈川) 東京新聞 17.5.17

川内での内部被ばく 年間限度の20分の1 長崎で日本学術会議 福島民報 17.5.14

<3.11こども基金>甲状腺がん療養 2期募集 河北新報 17.5.1

<原発事故>甲状腺がん公表基準見直しを要望 河北新報 17.4.29

経過観察後は調査対象外男児甲状腺がん 未報告(核心) 東京新聞 17.4.23 朝刊

原発事故時・4歳男児に「がん」確認 甲状腺検査・経過観察後 福島民友 17.4.1

被爆医師・肥田舜太郎さん死去、100歳 国内外で反核訴え 東京新聞 17.3.21 朝刊 29

内部被ばく影響「極めて小さい」 10~18歳(岩手県) 河北新報 17.3.18

原発事故と甲状腺がん因果関係検証へ5月にも「評価部会」再開 福島民友 17.2.21

<甲状腺検査>柴田町長「実施せず」 河北新報 17.2.21

甲状腺がん44人で変わらず=事故時18歳以下検査2巡目-福島県 時事 17.2.20

放射性廃棄物の処分場候補に反対 震災6年控え… 栃木・塩谷町が独自に甲状腺検査 東京新聞 17.2.18 夕刊

「福島県外でも重症患者」 311甲状腺がん子ども基金 療養費給付計53人に 「国と都県が広く検査すべき」 東京新聞 17.2.18 朝刊 24

子の甲状腺検査 縮小は是か 6年目の被災地 うずまく議論(坂本充孝のふくしま便り) 東京新聞 17.1.17 朝刊 4

原発事故6年 懸念なお子ども対象甲状腺検査 つくば、守谷で132人受診(茨城) 東京新聞 7.2.14

甲状腺検査や指定廃棄物への理解を きょう塩谷でフォーラム(栃木) 東京新聞 17.1.14

県民健康調査受診率 低下に歯止めかからず 「3・11」から5年10カ月 福島民報 17.1.11

外部被ばく線量...政府推計は「4倍過大」 避難・除染の根拠 福島民友 17.1.9Individual external dose monitoring of all citizens of Date City by passive dosimeter 5 to 51 months after the Fukushima NPP accident (series): 1. Comparison of individual dose with ambient dose rate monitored by aircraft surveys,Journal of Radiological Protection,V.37 Number 1, March 2017