農業情報研究所

農業情報研究所(WAPIC)環境原子力東電福島第一原発事故関係原発事故関係内外報道集2018年

放射性廃棄物(最終更新:18.8.11)

<汚染廃試験焼却>予算執行差し止めを 大崎の反対住民が監査請求 河北新報 18.8.11New

地域から“核のゴミ”拒否を!~道北連絡協議会代表委員・久世薫嗣さんに聞く どうする“核のゴミ”〜北海道・幌延から 18.8.10

<汚染廃>大崎の試験焼却 反対派が差し止め求める住民監査請求 河北新報 18.8.10

<福島第1事故>中間貯蔵搬入 5.2万立方メートルに 河北新報 18.8.8

<汚染廃>堆肥化地域で温度差 栗原市、畜産農家対象に説明 河北新報 18.8.8

<除染土再利用 原発被災地の行方>(下)帰還を切望 苦渋の決断 河北新報 18.8.4

中川環境相、除染土再利用実用化に意欲 河北新報 18.8.3

<除染土再利用 原発被災地の行方>(中)風評懸念受け計画頓挫 河北新報 18.8.3

<除染土再利用 原発被災地の行方>(上)進まぬ搬出、戻らぬ生活 河北新報 18.8.2

地域から“核のゴミ”拒否を!~道北連絡協議会代表委員・久世薫嗣さんに聞く(その1) どうする“核のゴミ”〜北海道・幌延から 18.7.28

<汚染廃棄物>大崎ですき込み地の牧草刈り取り 河北新報 18.7.28

玄海原発 使用済み核燃料 乾式貯蔵拒否を県に13団体要請/佐賀 毎日新聞 18.7.27

<中間貯蔵施設>大熊町も町有地提供 2ヵ所計26.6ヘクタール決定 河北新報 18.7.24

核のごみ中間貯蔵施設造らせない 白浜で住民団体設立 紀伊民報 18.7.21

<中間貯蔵施設>双葉町、予定地で初の町有地提供 9.7ヘクタール 河北新報 18.7.20

すき込み来月23日から 宮城・南三陸町、汚染牧草減容化へ実験 河北新報 18.7.18

<原発のない国へ 基本政策を問う> (4)むつ市と関電 交錯 東京新聞 18.7.17

<プルトニウムの行方>再処理の減速 不可避 河北新報 18.7.16

<プルトニウムの行方>再処理進め有効利用 河北新報 18.7.15

<核ごみ処分場>「最終地化」に懸念の声 青森で説明会 河北新報 18.7.15

<核ごみ処分場>「切迫感なし」「約束守れない」 迫る保管期限に不安と不満 河北新報 18.7.15

汚染土の中間貯蔵施設 福島用地交渉地権者と国、埋まらぬ溝(核心) 東京新聞 18.7.14 3

La France a déjà un stock de 1,5 million de mètres cubes de déchets radioactifs,Le Monde,18.7.13

L’inventaire publié par l’Agence nationale pour la gestion des déchets radioactifs montre que, dans tous les scénarios sur l’avenir du nucléaire, de nouveaux sites de stockage seront nécessaires

<汚染廃>堆肥化目指す栗原市、事業へ議論大詰め 市政懇談会の意見踏まえ可否判断へ 河北新報 18.7.10

松山で反原発団体勉強会 核燃料乾式貯蔵「永久化」の懸念 愛媛新聞 18.7.8

中間貯蔵用地地権者64.1%契約 6月末まで 福島民報 18.7.7

四電の乾式貯蔵施設、規制委で審査開始 伊方敷地内、使用済み核燃料保管 愛媛新聞 18.7.6

中間貯蔵「汚染土壌」輸送量100万立方メートル 22市町村完了 福島民友 18.7.5

<福島・中間貯蔵施設>地上権補償見直し 調停不調に 河北新報 18.6.30

中間貯蔵操業延期へ/適合性審査長引く 東奥日報 18.6.29

<除染土>二本松の道路造成での利用、再検討へ 風評被害を懸念 河北新報 18.6.28

玄海3、4号機 使用済み燃料対策「時間がない」 九電、危機感示す 県議会原子力特別委 佐賀新聞 18.6.27

集められる汚染土 移される汚染土 -福島・中間貯蔵施設 東京新聞 18.6.27

<汚染廃>堆肥化 来年度に開始 栗原市、栗駒の市有地を検討 河北新報 18.6.27

<玄海原発>低レベル廃棄物輸送 きょう22日から 青森県六ケ所村の埋設センターへ 佐賀新聞 18.6.22

<汚染廃>大崎市議会が試験焼却予算を可決「早期処分が必要」 河北新報 18.6.22

<汚染廃>試験焼却 大崎市議会で審議入り 共産、予算全額減額の修正案 河北新報 18.6.20

核のごみ 地層処分説明会 県南部は特性好ましい 北区 /岡山 毎日新聞 18.6.18

<汚染廃>仙南の試験焼却継続へ 角田で説明会 住民なお懸念 河北新報 18.6.17

<むつ・中間貯蔵施設出資>関電「検討の事実ない」 市長、議会に行政報告 河北新報 18.6.15

<むつ・中間貯蔵施設出資>追及、地元軽視への反発 言質獲得に意味 河北新報 18.6.15

使用済み核燃施設受け入れない 白浜町長が表明 紀伊民報 18.6.14

東海村の再処理施設廃止が認可 作業70年、安全性検証へ(茨城) 東京新聞 18.6.14

東海再処理施設の廃止 国費1兆円 70年計画認 東京新聞 18.6.14

<再処理工場>総事業費700億円増 完成延期が影響 河北新報 18.6.13

<汚染廃>石巻市、10月にも試験焼却  市長「安全性を検討 河北新報 18.6.12

核ごみ処分場説明会 紛糾 富山 適地解説に批判相次ぐ(富山) 中日新聞 18.6.12

除染土埋め立て実証事業来月にも那須町で開始(栃木) 東京新聞 18.6.10

<中間貯蔵施設>むつ市聴取に3社「地元理解なく事業進めない」 関電出資の一部報道否定 河北新報 18.6.9

<除染土活用>環境省の実証事業 二本松市長「慎重に判断する」 河北新報 18.6.9

<汚染廃>試験焼却 市民3団体が大崎市に抗議 河北新報 18.6.9

<汚染廃>宮城・大崎市が試験焼却へ 10月にも着手、強い反発も 河北新報 18.6.8

<除染土活用>はや風評 売れぬ飼料 二本松の道路造成事業、計画段階の被害に困惑 河北新報 18.6.8

中間貯蔵施設に関西電が出資報道 「地元の理解大前提」エネ庁長官、むつ市長に説明 河北新報 18.6.6

中間貯蔵施設に関電出資報道「全く聞いてない」むつ市長、公開説明会要請 河北新報 18.6.5

沖縄で核のごみ処分? NUMO説明に疑問相次ぐ 沖縄タイムス 18.6.3

<汚染廃>試験焼却の反対意見相次ぐ 大崎で説明会 市長、近く最終判断 河北新報 18.6.3

関電、青森に事務拠点 「中間貯蔵向け」との見方も 日本経済新聞 18.5.30

核のごみ 処分場選定、質問相次ぐ 高松で住民説明会/香川 毎日新聞 18.5.2

伊方原発 乾式貯蔵施設の事前協議申し入れ 四国電力 愛媛新聞

<汚染廃>黒川も試験焼却 仙南に続き2例目 河北新報 18.5.22

<福島第1原発事故>汚染廃受け入れ 処分場の2割が独自制限基準 河北新報 18.5.22

受け入れ先探す核のごみ最終処分場水戸で住民説明会(茨城) 東京新聞 18.5.18

<日本原燃再処理工場>規制委が審査再開 原燃、安全対策を報告 河北新報 18.5.18

泊原発に廃棄物処理施設を新設 北電方針 貯蔵庫ひっ迫の恐れ 北海道新聞 18.5.17

<汚染廃>22日から試験焼却 半年で最大30トン 黒川 河北新報 18.5.17

<汚染廃>本年度のすき込み着手 大崎 河北新報 18.5.17

原燃が青森県、村に申し入れ/六ケ所・低レベル埋設施設増設 東奥日報 18.5.17

関電4基の使用済み核燃料プール 5~8年で満杯 保管場所未確保 東京新聞 18.5.10 朝刊 26

「廃棄物貯蔵施設」秋にも着工 大熊と双葉、19年度運用開始へ 福島民友 18.4.24

<汚染廃>仙南に搬入、きょうから2回目試験焼却 河北新報 18.4.24 

<汚染廃焼却>反対市民団体が集会 仙台 河北新報 18.4.23

汚染廃の焼却問題点を指摘 宮城・大崎で講演会 河北新報 18.4.2

核のごみ「横置き」研究 幌延深地層研 「回収可能性」を調査 北海道新聞 18.4.21

<汚染廃棄物>来月末から住民説明会 大崎市、試験焼却実施判断 河北新報 18.4.21

米原子力空母の廃棄物搬出中止を 市民団体が要請 神奈川新聞 19.4.21

<汚染廃>牧草すき込み開始 減容化実験で1トン 宮城・色麻町 河北新報 19.4.19

21市町村の輸送完了 中間貯蔵施設への除染廃棄物搬出 福島民報 18.3.18

使用済み核燃料施設拒否を 県外団体が白浜町長に要望書 紀伊民報 18.4.17

<大崎市>汚染廃試験焼却6月予算計上へ 市長「選挙で信任得た」 河北新報 18.4.17

新基準適合の7原発14基 稼働10年で核燃プール満杯 東京新聞 18.4.16

原発使用済み核燃料一時保管も手いっぱい(核心) 東京新聞 18.4.16 朝刊 2

関電、搬入要請検討か 社長は否定 むつ市長、受け入れ明言避ける 東京新聞 18.4.16

<汚染廃>試験焼却の中止を組合に申し入れ 仙南の住民団体 河北新報 18.4.13

<指定廃焼却施設>「放射線対策なしで作業強いられた」仙台の男性作業員、元請けを審判申し立てへ 河北新報 18.4.13

<指定廃焼却施設>軽装のまま焼却炉点検も「復興の最前線で働く人の安全ないがしろ」男性作業員怒り 河北新報 18.4.13

仮設焼却で広域処理開始 3市町村の除染廃棄物 環境省 福島民報 18.4.8

核のごみ拒否する意見書・決議 道内11市町が可決 3月議会 北海道新聞 18.4.1

<汚染廃>仙南・試験焼却、一部の空間線量が一時基準値超す 機器故障か 河北新報 18.3.30

汚染土壌 再生利用に「待った!」汚染拡散 住民「寝耳に水」(坂本充孝のふくしま便り) 東京新聞 18.3.27 朝刊 4

<汚染廃>大和に新ごみ焼却施設が完成 試験焼却準備へ 河北新報 18.3.27

<福島・指定廃棄物>安全協定の締結完了 楢葉・繁岡行政区が同意 河北新報 18.3.24

<福島第1原発事故>汚染ほだ木の破砕 22年度までに完了へ 河北新報 18.3.23

<汚染廃>仙南で試験焼却開始 宮城県内の3圏域に先行 河北新報 18.3.21

北海道各地で「核のゴミ」拒否の決議や条例制定 どうする“核のゴミ”〜北海道・幌延から 18.3.20

<汚染廃>仙南で搬入開始 きょうから試験焼却 河北新報 18.3.20

<汚染廃>仙南であす試験焼却開始 河北新報 18.3.19

「核のごみ」拒否 美瑛町議会可決 条例制定、道内2例目 北海道新聞 18.3.17

<汚染廃>宮城・白石のほだ木5t、試験焼却へ 前処理作業を公開 河北新報 18.3.16

除染土、コンクリで覆うことなど要請 除染土の実証事業に那須の社団法人 下野新聞 18.3.15

富岡・双葉の除染廃棄物、浪江の焼却施設処理へ 環境省が方針 福島民友 18.3.14

除染廃棄物の仮置き場 原状回復指針示す 福島民報 18.4.14

<汚染廃>仙南、20日から白石のほだ木5トンを試験焼却 河北新報 18.3.13

指定廃棄物の行方決まらない国動かず地元困惑(千葉) 東京新聞 18.3.11

<汚染廃>仙南で20日から試験焼却 一般ごみに混ぜ1日1トン 河北新報 18.3.11

<回顧3.11焦点>汚染稲わら行き場なし 国や東電への不信感から候補地の住民反発 河北新報 18.3.11

除染土仮置き場削減を=福島課題で座談会-復興支え続ける国職員・東日本大震災7年 時事 18.3.10

指定廃棄物、次世代へ“負の遺産” 栃木県北の農家、父親死去で引き継ぐ 下野新聞 18.3.10

不要核物質の集約断念 費用面機構と折り合わず 東京新聞 18.3.4

<震災7年>中間貯蔵搬入3%止まり 仮置き場なお1100ヵ所超 河北新報 18.2.28

除染土埋め立てへ 実証実験に3億7千万円 東海村の新年度予算案(茨城) 東京新聞 18.2.28

脱原発団体 使用済み核燃料拒否 8団体、町長に要望書 白浜 /和歌山 毎日新聞 18.2.24

核ごみ説明会を再開 謝礼問題 「変わっていない」「対話の枠組みを」 東京新聞 18.2.22

<日本原燃>廃棄物受け入れを再開 10カ月ぶり 河北新報 18.2.22

動き始めた中間貯蔵施設 福島第一原発事故の除染土 東京新聞 18.2.21 朝刊 10

核ごみ住民意見交換会参加者17% 東電社員 東京新聞 18.2.21

除染土壌の中間貯蔵施設公開 急ピッチで施設拡充、双葉・大熊 福島民友 18.2.17

中間貯蔵施設を公開 環境省、特定廃棄物埋立処分施設も 福島民報 18.2.17

廃炉ごみ、処分地未定 低レベル廃棄物、原発解体時1万トン 電力各社、朝日新聞社調査 朝日新聞 18.2.16

<汚染廃棄物>仙南・3月試験焼却 村井知事「残る圏域も」と期待感 河北新報 18.2.16

核ごみ処分研究で不正 神鋼、原子力機構から受託 東京新聞 18.2.15 夕刊

<汚染廃>焼却処理ようやく始動 くすぶる反発、首長苦渋の決断 河北新報 18.2.15

<汚染廃>試験焼却、宮城・角田の仙南クリーンセンターで3月下旬開始 河北新報 18.2.15

核ごみの最終処分を担うNUMOとはどんな組織?(原発取材班) 東京新聞 18.2.14 朝刊 4

もんじゅ 「燃料搬出法示して」 自治体が国に要望 /福井 毎日新聞 18.2.12

指定廃棄物「暫定集約」賛否割れる 栃木県内6市町長 下野新聞 18.2.12

<汚染廃棄物>石巻市、試験焼却関連費計上へ 新年度予算案に 河北新報 18.2.10

<汚染廃棄物>試験焼却 黒川は4月以降にずれ込む可能性 河北新報 18.2.10

放射能データ欠落「問題なし」 島根原発廃棄物 中電、装置正常と判断 朝日新聞 18.2.2

九電、低レベル放射性廃棄物の輸送中止 佐賀新聞 18.2.1

核燃料受け入れゼロ/再処理工場20年度末まで 東奥日報 18.2.1

原発事故の除染土原子力機構内で埋設(茨城) 東京新聞 2.1

空いた町有地を活用那須町での除染土 実証事業正式発表(栃木) 東京新聞 18.2.1

<汚染廃試験焼却>「任期中の実現低い」大崎市長が見解 河北新報 18.1.31

<指定廃>安全委が最終処分場確認 稼働後初 河北新報 18.1.31

使用済み燃料:青森搬入に反対 報道受け14団体 /福井 - 毎日新聞 毎日新聞 18.1.27

<福島中間貯蔵>地権者、地代年払い求め調停申し立てへ 河北新報 18.1.27

<核のごみ>「県外搬出の約束守られる」13自治体に減少 青森の市民団体調査 河北新報 18.1.26

「補償額」20年度から段階的引き下げ 中間貯蔵用地・地上権 福島民友 18.1.26

<大崎市>汚染廃の試験焼却関連費用 当初予算に計上せず 河北新報 18.1.26

下水汚泥焼却灰 引き渡し 7年ぶり再開(神奈川) 東京新聞 18.1.26

中間貯蔵操業巡りむつ市に釈明書/RFS デーリー東北 18.1.21

 →「再処理」完工前でも操業/RFS社長 東奥日報 18.1.17

<汚染廃>試験焼却4圏域同時「難しい」 宮城県が認識 河北新報 18.1.20

<汚染廃>埋め立て反対住民が団体 石巻・24日結成大会 河北新報 18.1.19

「再処理」完工前でも操業/RFS社長 東奥日報 18.1.17

指定廃棄物 長期管理施設、早期に 国に住民説明も要望(千葉) 東京新聞 18.1.13

除去土壌の処分法検討 環境省、県内19市町村で保管 茨城新聞 18.1.12

使用済み核燃料保管など 九電、市民団体に回答 佐賀新聞 18.1.11

民有地の6割契約 中間貯蔵施設用地、環境相が知事に報告 福島民友 18.1.10

<使用済み核燃料>むつ市長「受け入れられぬ」 緊急会見で怒りあらわ 河北新報 18.1.8

むつ市長「受け入れられない」 一時保管検討に 毎日新聞 18.1.7 2025

使用済み核燃料 関電、青森で貯蔵検討 原発長期運転にらむ 日本経済新聞 18.1.7

関電、使用済み核燃料を青森へ むつ中間貯蔵施設で保管 東京新聞 18.1.7

中電 浜岡の乾式貯蔵延期(静岡) 中日新聞 18.1.6