農業情報研究所環境原子力東電福島第一原発事故関係

福島県2011年産米放射性物質緊急検査結果(2012年2月3日現在)

 2011年産米の放射性物質検査結果は別にまとめたとおりであるあるが()、福島県では調査完了後、福島市旧小国村大波地区の生産農家の依頼を受けたJA新ふくしまが11月14日に簡易分析器で調べた結果、この農家の米の放射性セシウムが暫定規制値を超えたため、県などが詳細に調査、11月16日に規制値超えが正式に確された。福島県はこれを受け、福島市旧小国村の全袋検査、特定避難勧奨地点が存在する地域等の1戸当たり1検体を調査する全戸検査からなる「緊急調査」を実施した。12月28日にはこれらの検査の完了が発表されたが、県は12月28日、 更に「放射性セシウムが検出された地域」を対象に、今までの調査で得られた知見を踏まえ、「(1)全戸調査(1戸1検体)を実施する(うるち米ともち米は、別に検体を採取する、(2)これまでの緊急調査結果を反映させ、追加調査を実施する。@ 200Bq/kgを超えた場合には、全袋検査を実施する。A 空間放射線量が1.0μSv/hr以上の地域において、自然乾燥の農家で100Bq/kgを超えた場合には、全袋調査を実施する」と発表した。 

 これまでの緊急調査結果で、「(1)うるち米ともち米は、ほ場が異なることなどから、放射性セシウム濃度がかなり違う場合があった。(2)機械乾燥をしている農家で、200Bq/kg以下の米がある農家では、暫定規制値を超える米はなかった。(3)暫定規制値を超える玄米は、空間放射線量が1.4μSv/hr以上の地域に限られる。(4)自然乾燥をしている農家の米は、機械乾燥の農家の米より放射性セシウム濃度のばらつきが大きく、調査の際に異なる対応が必要と考えられた」ことを踏まえたという。

 調査は、2012年1月末日までの終了を目途に進め、調査予定数は3万6000、緊急調査が終了するまでの間、調査対象地域の米穀の出荷を見合わせてもらう。また、緊急調査期間中に出荷する場合は、生産者ごとに自主検査を行い、不検出の場合に出荷可能とするという。

 以下に掲げるのは、このような緊急調査の結果である。  データ出所 は福島県:緊急調査の結果(http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=26517)

 1.福島市旧小国町大波地区全袋検査(12月18日完了)  

135戸の農家の2377点が検査され、200点から暫定規制値(500Bq/kg)を超える放射性セシウムが検出された。

検査結果公表日 検体数 規制値超検体数 規制値超検体の最低・最高濃度(Bq/kg) 本・予備調査(Bq/kg)
最低 最高
2011.11.25 864 131 540 1,270 (本)33,35  (予)検出例なし
2011.11.28 102 40 550 1,020 同上
2011.12.02 54 29 580 1,100 同上
2011.12.05 984 0     同上
2011.12.16  204 0     同上
2011.12.18  169 20 510 900 同上
2,377 200 510 1,270  

放射性セシウム濃度別点数は下図のとおり。

 2.特定避難勧奨地点が存在する地域等全戸検査

 (2011年12月28日公表分まで)

対象地域 検体数 規制値超検体数 規制値超検体の最低・最高濃度(Bq/kg) 本・予備調査(Bq/kg)
最低 最高
福島市旧福島市(渡利地区) 443 5 510 1,540 旧福島市(本)18〜41、(予)15〜46
伊達市旧小国村 136 3 580 780 (本)47,163、(予)44,136
伊達市旧石戸村 149 0     (本)35、(予)検出例なし
伊達市旧月舘町 217 1 1,050 1,050 (本)9.7,25、(予)32
伊達市旧掛田町 175 1 550 550 (本)27,62、(予)23
伊達市旧霊山村 280 0     (本)11,11、(予)検出例なし
伊達市旧上保原村 177 0     (本)161、(予)161
伊達市旧小手村 182 0     (本)12、(予)検出例なし
伊達市旧富成村 171 2 620 1,240 (本)8.3,9.6、(予)80
伊達市柱沢村 233 1 580 580 (本)38、(予)検出例なし
二本松市旧渋川村 264 1 780 780 (本)11点8.6〜42(予)24.7
二本松松市旧戸沢村 221 0     (本)4点、8.7〜47、(予)86
二本松市旧木幡村 289 0     (本)3点1090、(予)検出例なし
二本松旧岳下村 343 0     (本)8点7.339、(予)35
二本松市旧杉田村 239 0     (本)3点7.323、(予)検出例なし
二本松松市塩沢村 156 0     (本)10点1266、(予)検出例なし
二本松市旧大平村 234 0     (本)2点824、(予)29
二本松松市旧小浜町 253 0     (本)8点10470、(予)500
本宮市旧白岩村 410 0     (本)8.4、(予)3点、11〜76
本宮市旧和木沢村 373 0     (本)18.6、(予)15
相馬市 80 0     (本)103、(予)12〜155
いわき市 266 0     (本)103、(予)12〜155
5,291 14 510 1,540  

 市町村別放射性セシウム濃度別点数

  調査点数 不検出 100以下 100-200 200-500 500-800  1000超
福島市 443 265 124 32 17 1 0
伊達市 1,720 1,267 298 101 46 6 2
二本松市 1,999 1,666 263 63 6 1 0
本宮市 783 679 93 10 1 0 0
相馬市 80 54 24 2 0 0 0
いわき市 266 266 0 0 0 0 0
5291 4197 802 208 70 11 3

 2012年1月13日・1月20日・1月27日2月3日公表分の計

対象地域 農家数 分析点数 超過戸数 超過点数 放射性セシウム濃度
福島市旧福島市 29 261 2 6 530〜690Bq/kg
伊達市旧小国村 44 205 2 2

700Bq/kg,1110Bq/kg

同旧石戸村 9 46 0 0  
同旧月舘町 19 113 0 0  
同旧掛田町 13 78 2 3 660〜950Bq/kg
同旧霊山村 16 31 0 0  
同旧上保原村 12 77 0 0  
同旧小手村 6 29 0 0  
同旧富成村 7 52 1 1

1340Bq/kg

同旧柱沢村 6 81 0 0  
二本松市旧渋川村 33 57 0 0  
同旧戸沢村 35 35 0 0  
同旧木幡村 55 76 0 0  
同旧岳下村 41 41 0 0  
同旧杉田村 25 25 0 0  
同旧塩沢村 14 24 0 0  
同旧大平村 33 33 0 0  
同旧小浜町 43 174 0 0  
本宮市旧白岩村 50 73 0 0  
同旧和木沢村 39 67 0 0  
相馬市旧玉野村 23 28 0 0  
475 1452 6 12

530〜1340Bq/kg

 その他米モニタリング検査で放射性セシウムが検出された地域(2012年2月3日現在)

 2012年2月3日までに29市町村128旧市町村の18195戸、20829検体を調査。

 伊達市旧堰本村の1戸の検体から550Bq/kgを検出。

 他はすべて規制値未満。