農業情報研究所(WAPIC) 

 

今日の内外注目記事 21.5.-6  

  

Global heating pace risks ‘unstoppable’ sea level rise as Antarctic ice sheet melts,The Guardian,21.5.6

‎World faces ‘abrupt jump’ in pace of ice loss around 2060 unless emissions reduced to meet Paris agreement goals, study warns

The current pace of global heating risks unleashing “rapid and unstoppable” sea level rise from the melting of Antarctica’s vast ice sheet, a new research paper has warned.

Unless planet-heating emissions are swiftly reduced to meet the goals of the Paris climate agreement, the world faces a situation where there is an “abrupt jump” in the pace of Antarctic ice loss around 2060, the study states, fueling sea level rise and placing coastal cities in greater peril.

Emissions Cuts Could Drop the Impact of Melting Ice on Oceans by Half,The New York Times,21.5.5

A new study said that limiting warming to 1.5 degrees Celsius could reduce sea level rise from melting ice sheets from about 10 inches to about five by 2100.

The Paris Climate Agreement and future sea-level rise from Antarctica,Nature,21.5.5

‎An observationally calibrated ice sheet–shelf model suggests that global warming of 3 °C will trigger rapid Antarctic ice loss, contributing about 0.5 cm per year of sea-level rise by 2100.  

    


核溶融の残像―福島原発事故10年 未曾有の危機⑦ 多重防護で最悪に備えよ 元米エネルギー長スティーブン・チュー 東京新聞 21.5.6 夕刊4面
 →福島第一原発事故 東海第二差し止め判決 自民脱原発議員 原発関係主要ニュース
東海第二発電所に運転差し止め判決 原発ウォッチ第169回(伴 英幸) ビッグイシュー日本版 VOL。406 2021.5.1
 →福島第一原発事故 東海第二差し止め判決 自民脱原発議員 原発関係主要ニュース
自民党から進める脱原発と再生可能エネルギー 毎日新聞 21.5.6

 

<証言>校舎残し街が消えた 仙台・荒浜小、救助までの27時間 東日本大震災10年 河北新報 21.5.6

<津波訴訟 遺族の思い>愛媛大法文学部教授・小佐井良太さんに聞く 命の重さ、司法は受け止めて 河北新報 21.5.6

<津波訴訟 遺族の思い>㊥ 真相究明の願い 伝わらず 河北新報 21.5.6

<津波訴訟 遺族の思い>㊦ 白黒よりも「納得」を選ぶ 河北新報 21.5.6

<津波訴訟 遺族の思い>㊤ 賠償請求 憎悪の引き金に 河北新報 21.5.6
陸前高田市、新庁舎で業務開始 津波で職員111人が犠牲 岩手日報 21.5.6
ありがとう仮設公舎 岩手沿岸3市で解体進む 河北新報 21.5.5

 

低空飛行も確認…米軍が津堅島水域でパラシュート降下訓練 今年6回目 琉球新報 21.5.5
【深掘り】「辺野古建設反対と矛盾」塩川土砂コンベヤーなぜ県認可 琉球新報 21.5.5

普天間・辺野古、沖縄県の議事録なし 元知事「記録は取っていなかった」 4県政の“決定過程” 残らず 沖縄タイムス 21.5.4

 沖縄県の米軍普天間飛行場の返還と辺野古の新基地建設を巡り、大田昌秀、稲嶺恵一、仲井真弘多、翁長雄志の4県政を通じて、知事が出席する庁議や幹部会議を含む会議の議事録やメモが存在しないことが3日、分かった。本紙が県に開示請求し「不存在による不開示」の決定があった。稲嶺氏は取材に「会議で記録は取っていなかった」と認めた上で「真実が将来分からなくなる。記録はしっかり残すべきだ」と自戒を込めた。識者は「経験が組織に蓄積されず、行政として大きな問題がある」と指摘する

記録の蓄積なく不利益 瀬畑源氏(龍谷大学准教授)【普天間問題の議事録なし 識者はこう見る】.4

行政組織として大問題 我部政明氏(沖縄対外問題研究会代表)【普天間問題の議事録なし 識者はこう見る】 沖縄タイムス 21.5.4

苦悩”と向き合った四半世紀 「沖縄はどう歩んできたのか」答えられる社会に【記者の視点】 沖縄タイムス 21.5.4