農業情報研究所意見・論評・著書等紹介2013年12月14日

TPP交渉 各国の立場の隔たり ワシントン・ポスト紙に掲載された図の紹介

 12月12日付ワシントン・ポスト紙上で、ジョージ・ワイントン大学のヘンリー・ファレル政治科学・国際問題准教授が、最近のウィキ・リークス発表のTPP交渉文書に基づき、交渉中の各国の全体的及び分野ごとの立場の隔たり具合を分かりやすく図示している。ここにこれらの図を再掲、それが意味するところについてはこの記事をじっくり読みながらお考え頂きたい。

 Monkey Cage: The TPP is not an agreement among like-minded countries,Washington Post,13.12.12

 図中の記号はUS=United States、CA= Canada、JP= Japan、AU= Australia、NZ= New Zealand、MX= Mexico、PE= Peru、CL= Chile、SG= Singapore、MY= Malaysia、BN= Brunei、VN =Vietnamを意味する。

 @全体

AIP(知的財産権)

B環境

C法(薬価統制、たばこ規制、メディアの文化的例外扱い等)

D市場アクセス

E原産地規則