農業情報研究所意見・論評・著書等紹介2015年12月30日

今年の10大ニュース トップは原発再稼働ではないか、というのに

 今年も10大ニュース発表の時期を迎えました。いろんな十大ニュースがありますが、たとえば読売新聞の読者が選ぶ国内十大ニュースは次のようものです。

 【1位】大村さん梶田さんノーベル賞

 【2位】ラグビーW杯 日本3勝

 【3位】「イスラム国」日本人殺害

 【4位】マイナンバー始まる

 【5位】関東・東北豪雨8人死亡

 【6位】安全保障関連法が成立

 【7位】北陸新幹線開業

 【8位】建物の杭データ偽装

 【9位】TPP大筋合意

 【10位】東京五輪エンブレム撤回

 天下泰平、これが平均的国民の関心の度合いを表しているとすると、それこそ重大問題です。原発や沖縄基地などにかかわる重大問題はすっかり影をひそめています。筆者なら、とりわけ川内原発再稼働、伊方原発・高浜原発再稼働容認のニュースには、文句なく1位、2位の座を与えたでしょう。

 それは、新たな規制基準にもかかわらず、原発の安全性は保証されていないからだけではありません。核廃棄物の安全な処分方法も確立できず、使用済み核燃料プールの満杯も間近、中間貯蔵施設建設場所も確保できない中での再稼働だからです。この根本問題を忘れた再稼働容認は、考えることをやめた人間のすることです。人間は破滅への道をひた走っています。日本人はトップランナーです。あるいは、それを認識できない日本人の認識能力低下をこそトップニュースにあげるべきかもしれません。