農業情報研究所

HOME グローバリゼーション 食品安全 遺伝子組み換え 狂牛病 農業・農村・食料 環境 ニュースと論調

What's New?

2003年3月

03.31 害虫を殺すGM作物は害虫の生長を速める?、新研究

03.31 GM作物栽培承認に向けてのドイツ・スペイン・英国の動き

03.29 ケニヤ市民・農民団体のハービンソン案に対するコメント(document)

03.28 モロッコ:イラク戦争抗議の拡大で米国との自由貿易交渉を延期

03.27 CAP改革の影響評価発表ー農業交渉の立場強化に必死の欧州委員会

03.26 EU:法務官意見、EU諸国は健康リスクがあればGM食品を禁止できる

03.25 WTO農業交渉における途上国の要求と先進国・ハービンソン案の比較(document)

03.23 タイ、EU砂糖輸出補助でWTO協議を要請

03.23 米国綿作補助金、ブラジルの要求で紛争パネル設置

03.23 メキシコ:自由貿易は貧困軽減に失敗

03.20 タイ下院、地理的表示法案見直しへ−法案はジャスミン・ライス輸出に悪影響

03.20 WTO農業交渉モダリティー「改訂版」配布

03.19 EU科学運営委員会、狂牛病(BSE)に関する12の新意見・報告

03.19 インド:科学は遺伝子組み換え(GM)産業の主張を支持しない

03.18 フィリピン:環境省、予防原則を認め、GMコーンの環境影響研究へ

03.18 ブラジル:GM作物を禁止 既不法栽培収穫の輸出は許可

03.18 インド:米国コーン食糧援助の拒否を最終的に決定

03.18 イラク戦争間近、米国の「単独主義」にWTO官僚・大使が懸念

03.17 イギリス:行動規範、スーパーの取引慣行を変えず、「地球の友」調査

03.16 米国:農務省、GM小麦承認に厳格な条件

03.11 地域貿易協定(WTO未通報、交渉中・考慮中等の協定)(document)

03.11 地域貿易協定一覧(WTOに通報された発効済み協定)(document)

03.08 米国:農務省、薬品等生産用GM作物の実験ルール厳格化を発表

03.07 イギリス:フェアトレード商品販売、3年間で倍増

03.06 EU、「シンガポール・イシュー」で攻勢、途上国の反発は回避できるのか

03.06 EU:GM・慣行・有機作物共存に挑戦06 (highlight

03.03 狂牛病の欧州化、グローバル化(Report)2001.4に書いたもの。従来の「要旨」に代えて全文掲載

03.03 フランス-アフリカ・サミットにおける農業開発に関するシラク大統領発言(document)

2003年 1月 2月 

2002年 1月 2月  3月 4月  5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2001年 12月 11月 10月 9月 8月