農業情報研究所

HOME グローバリゼーション 食品安全 遺伝子組み換え 狂牛病 農業・農村・食料 環境 ニュースと論調

What's New?

2003年4月

04.30 安価なコーヒー、農民と野生動物を脅かす

04.28 ボルドー・ワインを河に流す米国市民、世界は対立と分裂に進む?

04.28 米国の農業バイテク監視は承認後が不十分ー非政府組織報告書

04.26 欧州委員会、農薬残留状況2001年報告、減らぬ農薬使用

04.26 EUとECOWAS、経済パートナーシップ協定交渉開始に合意

04.25 EU:欧州委員会、飼料安全規則の強化を提案

04.21 米国ロビー、砂糖摂取制限のWHO報告の発表阻止へ

04.19 フランス:農民同盟、少数派組合排除に抗議ー政府の組合援助配分改変

04.18 危険な米国の地域貿易交渉戦略

04.18 EU:BSE地理的リスク評価の現況

04.15 食人慣習は前史時代からー変異遺伝子がプリオン病から人を保護?

04.15 フランス:近郊農業の保存をー環境研究所

04.14 タイ、年末までに日本と自由貿易協定、コメ開放要求は取り下げ

04.13 CAP改革、EU11ヵ国がデカップリング拒否

04.12 拡大欧州経済領域(EEA)、ポーランドが阻止

04.12 体細胞クローン牛は食品として安全ー厚労省研究班

04.12 欧州委、EU12ヵ国にGMO環境放出指令実施を迫る

04.11 フィリピン:新ラウンド失敗は「大事」ではない

04.09 殺虫剤・ペルメトリンがパーキンソン病と関連の恐れ

04.08 カナダ小麦ボード、GM小麦承認に「費用−便益分析」を要請

04.07 欧州委、農業起原水質汚染で英仏に法的措置

04.07 欧州委、狂牛病危機時のフランス牛肉価格カルテルに重罰

04.05 プリオン理論を実証、治療に役立つ可能性ースイス研究者ー

04.05 韓国:農村人口流出が加速

04.04 米国上院、英国とのFTAを要請、FTAはテロ対策の手段

04.03 タイ:ビルマ国境地域で農薬大量使用

04.02 豪州検疫制度が貿易紛争の一焦点に、EUがWTO協議を要請

04.01 WTO農業交渉モダリティー、期限内合意に失敗ーその先は?

 

2003年 1月 2月 3月 

2002年 1月 2月 3月 4月  5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2001年 12月 11月 10月 9月 8月