a collection of haiku

 

 

掲示板に書き込んで頂いた歌を集めた句集です。

 

 


夕焼けの 日にひとつもの 輝きに ともに歩きし 顔も赤色

【 YUKOさん 】


朝起きて 何故かパンツが 湿っぽい

【 定光さん 】


すきやきを 見る目すべては 鬼の面

【 YUKOさん 】


待ちわびる バスはまだ来ぬ 炎天下

【 YUKOさん 】


世間より 三割暑い 男子校

【 定光さん 】


夜の原に 飛び舞い駆ける 蛍たち 彼の笑顔と 重ねたる

【 YUKOさん 】


濡れし目に 夕日浴びつつ 微笑みし

【 YUKOさん 】


午前2時 押入れの中に バカ二人

【 YUKOさん 】


たらい落ち 頭に直撃 あいたたた

【 YUKOさん 】


カラス飛来 頭を突かれ あいたたた

【 定光さん 】


妹を 求めた末に 犯罪者

【 九曜 】


妹の 上に乗ったら 犯罪者

【 九曜 】


妹と 合意のもとなら どうよ?(字足らず)

【 九曜 】


ランバラル 父の名前は ジンバラル

【 九曜 】


荒縄で 可憐を縛る 咲耶見る 妖しく光る 涙と道具

【 九曜が年末に見た夢より 】


夏来る 日差しのなかで グロッキー

【 YUKOさん 】


夏来る 額輝く 笑顔なり

【 YUKOさん 】


夏休み 始まり早くも 夏風邪を ひいた私の 先は真っ暗

【 アサルトさん 】


片思い 聞くとき胸ぞ 苦しけれ

【 YUKOさん 】


我笑う 彼横向きて 照れつつも 笑い返して 春風ぞ吹く

【 YUKOさん 】


清水の 舞台見守る 青き山

【 YUKOさん 】


紫陽花や 古都の光と 交じり合い 葉花輝き 瑠璃となり(字余り)

【 YUKOさん 】


 チェキチェキチェキ チェキチェキチェキチェキ チェキチェキチェキ

【 定光さん 】


彼の事 ついでにチェキして 四葉ちゃん

【 YUKOさん 】


蝉の声 夏よさらばと いく前に 耳に刻みし 今日この頃

【 YUKOさん 】


夏休み 男すべては ウルフかな…

【 YUKOさん 】


夏来る 婦女子すべてが 薄着になって 男嬉しい 今日この頃

【 翔君(代理、YUKOさん) 】


デート中 殺気を感じて 振り向くと 柱の陰に 可憐ちゃん

【 定光さん 】


くしししし くしししししし くしししし

【 定光さん 】


いつもなら 暑く感じる 俺の部屋 今は寒さで 身を縮ませる

【 アサルトさん 】


お兄様 ベッドの上では 旦那様

【 九曜 】


ジンバラル 息子の名前は ランバラル

【 ごめんなさい、もう、しません(九曜) 】


シスプリの 四葉ちゃんを 知れたのは みんな兄貴の 趣味のおかげ

【 YUKOさん 】


つかれてる myPCも つかれてる

【 八台木偶正さん 】


姉の手に よって食われる ケンシロウ

【 定光さんのサボテンを悼むYUKOさん 】


彼の目が  何故か自然に 胸元に・・・

【 YUKOさん 】


味噌汁の 具と化し再会 ケンシロウ

【 食卓に上ったサボテンを悼む定光さん 】


リゲルグも もとを正せば ゲルググだ

【 九曜 】


プルツーと エルピープルを ひとくくり 上になったり 下になったり

【 九曜 】


ズゴッグと ゴッグの違いが 分からない
【 定光さん 】


アムロがね 一緒に寝てたの ブライトと (セイラ・マス句)
【 つかさきさん 】


幼子の しつけは 任せろ このオレに(シャア・アズナブル句)
【 つかさきさん 】


カミーユと ジェリドの二人が 熱い夜(ファ・ユイリィ句)
【 定光さん 】


波にのる 背中の一部が 日焼けなる
【 YUKOさん 】


みえはって 女らしく 演じたる
【 YUKOさん 】


野郎共 浜辺で輝く 野郎共
【 定光さん 】


野郎共 浜辺に散った 野郎共
【 定光さん 】


いつのまに 誰が押したの リモコンを
【 瑠璃家さん 】


フラウ・ボウ ちょっと変えると キカンボウーー
【 瑠璃家さん 】


メカ鈴凛 あれでは俺が かわいそう
【 八台木偶正さん 】


メカ鈴凛 どうにもこうにも メカ鈴凛
【 定光さん 】


メカ鈴凛 神埼ちろの 怠慢だ(違うって
【 定光さん 】


カッパには 句心なんか ナッシング
【 エロガッパさん 】


宿題が 終わらないデス トホホホホ(涙
【 瑠璃家さん 】


夏休み するべきことは 何でしょう?
【 アサルトさん 】


尽きぬもの 男のロマンと 妄想よ
【 YUKOさん 】


尽きぬもの 女性を求める 男達
【 瑠璃家さん 】


白雪が お尻ふりふり 料理中
【 八台木偶正 】


立ち並ぶ 餃子と炒飯 一気食い
【 YUKOさん 】


広島語 何故かポルノを 思い出す(ポルノ>ポルノグラフィティ)
【 定光さん 】


咲耶萌え〜 千影に萌えて 四葉萌え〜
【 九曜 】


してみたい メカ鈴凛に あんな事
【 九曜 】


事切れて 見詰める瞳は 闇のよう
【 エロガッパさん 】


10時まで 寝ていた僕に 天罰が
【 瑠璃家さん 】


全員の 笑顔のためなら 安いもの
【 八台木偶正さん 】


メカ凛鈴 やっと出てきた メカ鈴凛
【 瑠璃家さん 】


クリスマス 歌えば良いって もんじゃない
【 八台木偶正さん 】


ミカエルよ おまえ、悲しい キャラだなぁ…
【 八台木偶正さん 】


来年は 2人っきりでと みな思う
【 八台木偶正さん 】


夏なのに 彼のほっぺた もみじ色
【 YUKOさん 】


進路見て 成績見比べ あいたたた
【 YUKOさん 】


誕生花 知って浮かぶや ハテナ文字
【 YUKOさん 】


台風に 今度は飛ばされ けんしろう
【 YUKOさん 】


噛まれたい 四葉の八重歯 良さそうだ
【 九曜 】


世知辛い 世知辛いっすよ 九曜さん。
【 エロガッパさん 】


 メガネ取る 鞠絵の横顔 あんた誰?
【 九曜 】


 ノーブラで 揺れる咲耶の ちぶさかな
【 九曜 】


どっちかな? 男の料理 どっちかな?
【 瑠璃家さん 】


君を見し 我ぞ心は 揺れ動き 男心ぞ 知りたくなりねど…
【 YUKOさん 】


ひきしまる 衛のスパッツ おいしそう
【 九曜 】


夏過ぎて 秋風吹きゆく 縁側で 風鈴しまい 寂しさぞ覚え
【 YUKOさん 】


かたずけず 混沌うずまく 我が部屋を みして兄ぞ目をそらす
【 YUKOさん 】


可愛いぞ 亜里亜はとっても 可愛いぞ しかし衛も 捨てがたし…
【 YUKOさんの兄君様(代理、YUKOさん) 】


触れられぬ エロスの蕾 その瞼 濡れる首筋 薔薇の口づけ
【 九曜 】


夕焼けに 君と歩きし この道に 夢ではないか 疑いし永遠(とき)かな
【 YUKOさん 】


音に聞く 秋ぞまぢかに ちかよりて さすがに窓にも 結露ぞつきし
【 KOZIさん 】


下品かな Hい事を ぬかしつつ 周りの女子に てを出さん
【 YUKOさん 】


スクライド 漫画はいまいち つまらんど
【 YUKOさん 】


寒空に 光り輝く 月光が 君の笑顔を やさしく照らす
【 arlecchinoさん 】


秋の夜 月も寒いか 雲を着る
【 瑠璃家さん 】


浮気しろ 親友指令し 何思う
【 YUKOさん 】


花が散り 大地の時が 止まる時 氷の花が 地に咲き積もる
【 arlecchinoさん 】


風を切る 君の笑顔が 愛しくて 共に行かんと 足を速める
【 arlecchinoさん 】


とっととっとととっとっと(字足らず)
【 九曜(DJ CELICAより) 】


嫌なこと ミカンを食べて 忘れよう
【 arlecchinoさん 】


紺碧の 夜空に浮かぶ 星々が 淡く儚い 希望を描く
【 arlecchinoさん 】


青空に 思いを描く 褪せた白
【 arlecchinoさん 】


寒床の 外に見ゆるは 明けの空 寒さ身にしむこごちよさなり
【 YUKOさん 】


寒空に 降りちらしたる 輝きは 恋と同じにかわらなき物
【 YUKOさん 】


風が行く しっかりゆったり 雲も行く 何故か見上げて笑みもこぼれし
【 YUKOさん 】


言ってくれ メイド服で ご主人様と
【 翔さん(代理、YUKOさん) 】


青空が 揺れる心を 涌きただす
【 arlecchinoさん 】


従妹来る ニコニコ笑って お兄ちゃん 思わず頭をなでなでと
【 KOZIさん(代理、YUKOさん) 】


良く乾く 洗濯物に 当たる風 光のオブジェを揺らしたる
【 YUKOさん 】


紫陽花の 光まといし 雨踊る
【 YUKOさん 】


薄闇の 紫雲に 思いよせ
【 YUKOさん 】


皮膚に刺す 根の息遣い 啜る血も 黒紅(クロベニ)咲きの 荊(イバラ)の貴方
【 九曜 】


梅雨雲の 薄き光に 花揺れて
【 YUKOさん 】


疑わず 女と信じ 萌えてみた 緑の綿毛 ニコル・アマルフィ
【 Chuchumeさん 】


ぷろぐらま 睡眠削って コード書き

【 謎のあざらしさん 】

 

 

 

Home